カテゴリー

2024年7月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
2024年8月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
赤色→休業日 青色→臨時休業日

カートの中身を見る

カートの中に商品はありません

店長コーナー

ーWelcome!ー

弊社サイトへお越し頂きありがとうございます。 主に専門店で扱われる特殊ケミカルをロット制限なく一般販売を行っております。 お試し頂けますと幸いでございます。

売れ筋商品

Feed

カーシャンプー 4L
















こちらの商品は『カーシャンプー 4L 』です。

◯オールマイティに使用できるシンプルな高濃度カーシャンプーです。
◯「通常洗車」「研磨後の洗車」「コーティング後の洗車」等、研磨剤や艶だし剤を含まないため、様々なシチュエーションで活躍するカーシャンプーです。
◯バケツでの使用、スプレーボトルでの使用、どちらの使用方法でも泡立ち抜群で使いやすい!
◯日々の洗車に気兼ねなくお使い頂ける様、中性、希釈倍率と泡立ち、洗浄能力、濯ぎやすさ、そしてランニングコストを考慮致しました。
◯お車のキレイを維持するための日々のお手入れに!


□使用上の注意事項
本製品ご使用前に必ず目立たない所でお試しになり確認してからご使用下さい。
再塗装や、経年劣化、紫外線劣化にてダメージを受けている塗装等、染みになる場合があります。
カーシャンプーを付けたまま長時間放置しないで下さい(早めの濯ぎが望ましいです)
施工、保管にあたり当社は一切責任を持ちません、お客様の自己責任にて施工、保管をお願い致します。
施工の際は、本ページをよく読み用法を守って正しくお使い下さい(取扱説明書等、付属しません)

・風が強い日は砂埃を巻き込みキズの原因になる場合がありますので作業はお控え下さい。
・炎天下などでの作業はお控え下さい(染みの原因になります)
・必ずボディが濡れた状態で使用して下さい。

□『カーシャンプー』の使用方法
1.ボディにたっぷり水をかけます。
※ホイール洗浄に時間がかかる場合は、ボディを濡らす前にホイールを先に洗浄すると良いです。

2.ボディに水分が残っている状態で、洗車スポンジに適量付けて洗います。
※水分の乾燥が早いときは、部分的に「洗浄/濯ぎ」を繰り返すと良いです。
※希釈方法:下記容量に対し「汚れが酷い/酷くない場合」等、お好みで濃度調整を行なって下さい。
◯バケツで使用されるケース(使い切り)
・カーシャンプー20ml〜30mlに対し、2L前後程の水で泡立てます。
※一般的なサイズのバケツ使用にて泡立てた際、泡がバケツ上部までいっぱいになるとおよそ2L程の水量になります。
◯スプレーで使用されるケース(500mlボトルにて、乗用車5回前後の洗車が出来ます)
・カーシャンプー50ml〜60mlに対し、500mlまで水で希釈します。

3.カーシャンプーにて洗車後、たっぷりの水で泡がなくなるまで濯ぎます。

4.キレイなマイクロファイバークロスにて水分を拭き上げて完了です。

□使用例
バケツで使用される場合
「カーシャンプー」20ml〜30mlをバケツに入れて、勢い良く水を注ぎ泡立てます。


シャワーやホースの先をつまんで勢いよく注ぐと良いです。


クリーミーな泡が簡単に作れます。


たっぷりの泡で洗車します。


スプレーボトルで使用される場合(500ml容器)
「カーシャンプー」50ml〜60mlを入れて、500mlまで水を入れます。


希釈量はお好みで調整してください。


欧州車等、ブレーキダストが酷いお車の洗車では「カーシャンプー」を濃いめにすると良いです。


たっぷりの泡で洗車します。
汚れが酷い箇所を洗った後等、洗車スポンジをこまめに濯ぐと良いです(キズ防止)


ブレーキダスト含む、汚れが酷いSUV洗車にて、約100ml使用しました(カーシャンプー50mlで希釈した500mlにて)


◉洗車スポンジは「ボディ用」「薄型ホイール用」PVA洗車スポンジがお勧めです。
※PVAスポンジは、抜群の耐久性と保水力、そして適度なコシが使いやすい洗車用スポンジです。
下記リンク先よりご参考下さいませ。
http://provide.shop-pro.jp/?mode=cate&cbid=2108386&csid=0