カテゴリー

2022年8月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
2022年9月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
赤色→休業日 青色→臨時休業日

カートの中身を見る

カートの中に商品はありません

メールマガジン

メールアドレスを入力してください。


店長コーナー

ーWelcome!ー

『PVD-F01』は数少ない「質感UP」を目的とした「高品質フッ素樹脂」を使用している自動車布幌用コーティング剤です!リーズナブルな価格も魅力です。 『PVD-G03』ガラス研磨剤は、車のウィンドガラス以外にも大活躍です♪海岸通りのレストランの窓や、旅館/ホテルのお風呂のガラスにも!水気ある箇所のガラスメンテナンスの必需品です。 『PVD-M04』は欧州車の金属モール腐食を復元する、専用研磨剤です!それに合わせた新感覚の『特殊研磨パッド』にて作業効率UP☆新車のモールの様な復元を目指して「専用キット」を新発売です☆今まで諦めていた方…是非お試し下さい! 『PVD-R05』水溶性の樹脂コーティング剤です。ギラつきや濃淡のムラが出にくく施工性に優れています。研磨剤を意図的に混入しておらず弱い塗装等で活躍するプロ向けベースコートです。トップコートは「GT」推奨です。 『FTW』微粒子研磨剤配合の溶剤系フッ素樹脂コーティング剤です。軽研磨と同時に汚れ落としも出来る優れ物、メンテナンスや一発仕上げでも活躍する便利な樹脂ベースコートです。トップコートは「GT」「TOP」推奨です。 『NO.4』『PVD-A06』スケール除去剤は普通の洗車では除去できず、増える一方の”雨じみ&イオンデポジット”などを分解し簡単に除去する事が出来ます。日頃のボディメンテナンスでいつもキレイを維持できます。 『PVD-I07』鉄粉除去剤は特にホイールのブレーキダストに有効です。頑固に固着した鉄粉も繰り返しご使用頂く事で極力擦らず除去する目的で登場です。多量を使う専業者向けに業務用サイズはリーズナブルな価格設定です。 『PVD-W08』ガラスキズ専用の研磨剤です。「ミニメタボ」と「ガラス専用バフ」の組み合せにて驚きの仕上りです(加圧研磨がポイントです) 『TOP』ボディコーティング剤の排水性能は異常です!「プロのコーティング施行店様」にも『一般販売は反則だ』などと嬉しいお言葉を頂いております。艶光沢もすばらしく、スプレータイプの簡単施工で愛車がピカピカに!”超滑水”、体感して下さい!ビックリします。 『GT』防汚性能重視のトップコートです。濃淡のムラが出ず施工性抜群!ガラス系のメリットを感じれるハイスタンダードモデルです。様々なベースコートのトップコートとして、また単体使用のメンテナンス時にも大活躍です! 『OC メンテナンスクリーナー』は『NO.4』使用後に残る油脂系汚れをスッキリ除去すると同時に光沢UPも得られます。ボディはもちろん、ホイール、下回りタール除去、ドアヒンジ内側、素地モールなど様々な箇所にて活躍しますので日頃のお手入れに最適です! 『ヘッドライトリペアキット』劣化したヘッドライト表面のハードコートを残す事なく完全に削り落とす事で「再劣化」を軽減する事が最大の目的です。専用コート剤の『HEADLIGHT COAT』で透明度、光沢UP!プロ施工のノウハウをDIYにも!1〜2台分の少量キットで登場です! 『TIRE WAX:水性/油性』しっとりした仕上がりの水性タイプと持続際の高い光沢重視の油性タイプ。どちらもプロ仕様の「タイヤワックス」です。お好みでご選択下さい!

モバイル

売れ筋商品

Feed

OC メンテナンスクリーナー 300ml

こちらの商品は『OC メンテナンスクリーナー 300ml』です。

◯『OCメンテナンスクリーナー』は様々な箇所にご使用頂ける”多目的クリーナー”です。
◯主に油脂系汚れを除去し、劣化した塗装表面を整え塗装本来の質感に近づけます。
◯ボディが濡れている時にも使用できるので施工性に優れています。
◯しっかり拭き上げる事で白く残りにくいため、素地箇所の汚れ除去にも使用出来ます。
◯ドア、トランク、ボンネット内側など含めヒンジ箇所の清掃にも使いやすい商品です。
◯使用後は光沢感がUPしますので、簡易的なコーティングとしてもご使用頂けます。
◯アルミホイールなどの洗浄後、拭き上げと共に少量にてご使用頂く事で洗浄時に落としきれなかった油汚れの除去と同時に光沢UPも得られます。
◯お車のキレイを維持するための日々のお手入れに!
※『NO.4』や『PVD-A06』にてスケールを除去した後に残るシミ等にもお試し下さい(塗装表面の陥没には対応不可です)


□使用上の注意事項
本製品ご使用前に必ず目立たない所でお試しになり確認してからご使用下さい。
本製品は長期保管、または容器内の容量が少なくなってくると分離する事がありますので(特に夏場など)なるべく早めに使い切って下さい。
塗装内部に入り込んだ染み、塗装表面の変形などは改善されませんが、艶出し効果により視覚的に良く感じる方向性です。
稀に、内容成分が偏り黒い粒状として見えますが異常ではありません。
施工、保管にあたり当社は一切責任を持ちません、お客様の自己責任にて施工、保管をお願い致します。
施工の際は、取り扱い説明書、製品ラベルをよく読み用法を守って正しくお使い下さい。

・風が強い日は砂埃を巻き込みキズの原因になる場合がありますので作業はお控え下さい。
・炎天下などでの作業はお控え下さい。

□『OC メンテナンスクリーナー』の使用方法
1.ボディを水で洗い流します。

2.ボディに水分が残っている状態でも乾いた状態でも構いません、濡らして軽く絞ったマイクロファイバークロスに適量取り出しボディへまんべんなく塗り込みます。
※施工前に『NO.4』または『PVD-A06』をご使用頂く事でよりスッキリ仕上げる事ができます。

3.キレイな濡らして硬く絞ったマイクロファイバークロスにて拭き上げます。
※スッキリ仕上げにくい場合は、水スプレーを霧吹きしながらキレイなクロスで拭き上げると良いです。

4.簡単に除去出来ない頑固なタールなど下回りの汚れは、すべてを一旦仕上げてから部分的に除去すると良いです(施工中、ボディに水分が残っている場合には乾燥を防ぎ、またクロスが著しく汚れるため)
※施工後ボディを弾かせたい場合は「TOP」または「GT」を施工すると良いです。

※下記、塗装表面をクリーニングする際のケミカルを使用する順番とポイントです。
ご参考下さいませ。
1.鉄粉除去(『PVD-I07』『異物除去専用特殊ラバーパッド』)
2.スケール除去(『NO.4』または『PVD-A06』)
3.油脂汚れ除去(『OCメンテナンスクリーナー』)
4.シミが残った場合→熱処理(専門店にて対処する方法です。塗装種類やコンディション、その直後に使用するケミカルによりダメージを与える場合があります。また、ヒートガンやお湯にて対応、80℃以上はリスクが高まりますのでお気をつけ下さい)
5.研磨(行わない場合は次へ)
6.塗装保護(お好みのコーティング剤やWAXを使用されると良いです)
※鉄粉除去とスケール除去の順番はケースバイケースで逆になっても構いません。
その理由は、錆が発生している鉄粉付着が多い場合ではスケール除去剤でその錆が除去可能なため、スケール除去が先が良い場合があるからです。
また、多量のスケール付着により鉄粉がスケールで覆われている場合もあります(コンディションがわからない場合には、スケール除去を行った箇所と行っていない箇所に鉄粉除去剤を吹き付けて、その反応量を確認すると良いです)
※多くの場合に油脂汚れ除去は鉄粉除去とスケール除去の後になりますが、WAX等の拭き残しが多量にある場合には先に行った方が良い場合もあります(コンディションがわからない場合は狭い範囲で鉄粉除去とスケール除去を試し、油脂汚れ除去後にまだスケールが残っているか確認すると良いです)
WAX施工または繰り返しの簡易コーティング施工や、繰り返しのWAX洗車後であっても、先にスケール除去を行う方が効率が良いです(OCのクリーニング効果を塗装面へダイレクトに生かす為です。スケール除去を行わずにOCをスケールの上から施工した場合、ダイレクトなクリーニング効果が期待できない可能性があります。それは、OC施工後に残ったスケールを除去した場合、そのスケールの下はOCでのクリーニング効果が理想な状態ではない事を意味します。その場合、もう一度OC施工という手間になる為、まずはスケール除去をお勧め致します)
※『異物除去専用特殊ラバーパッド』は傷が入りますので研磨される際のご使用をお勧め致します。
※研磨を行う場合はバフが入らない際箇所等に油脂系汚れがある場合に『OCメンテナンスクリーナー』を使用します。
※各種ケミカルをご使用の際には、それぞれの商品ページの使用方法や注意事項等よくご確認の上ご使用下さいませ。
『PVD-I07』
https://provide.shop-pro.jp/?mode=cate&cbid=1010462&csid=0
『NO.4』『PVD-A06』
https://provide.shop-pro.jp/?mode=cate&cbid=1491224&csid=0
『異物除去専用特殊ラバーパッド』
https://provide.shop-pro.jp/?mode=cate&cbid=1892275&csid=0


□OCメンテナンスクリーナー使用例
ヒンジ周り等のグリスの除去に
除去前


除去後


黒い立て筋の汚れ固着に





※こちらの商品は「取扱説明書」が付属しておりません。
※取扱説明書は「弊社カタログ」に記載がございます。
※弊社カタログをご希望の場合は、下記リンク先よりカートにお入れ下さいませ。
http://provide.shop-pro.jp/?mode=cate&cbid=1865072&csid=0