カテゴリー

2019年9月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930
2019年10月
12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031
赤色→休業日 青色→臨時休業日

カートの中身を見る

カートの中に商品はありません

メールマガジン

メールアドレスを入力してください。


店長コーナー

ーWelcome!ー

『PVD-F01』は数少ない「質感UP」を目的とした「高品質フッ素樹脂」を使用している自動車布幌用コーティング剤です!リーズナブルな価格も魅力です。 『PVD-G03』ガラス研磨剤は、車のウィンドガラス以外にも大活躍です♪海岸通りのレストランの窓や、旅館/ホテルのお風呂のガラスにも!水気ある箇所のガラスメンテナンスの必需品です。 『PVD-M04』は欧州車の金属モール腐食を復元する、専用研磨剤です!それに合わせた新感覚の『特殊研磨パッド』にて作業効率UP☆新車のモールの様な復元を目指して「専用キット」を新発売です☆今まで諦めていた方…是非お試し下さい! 『PVD-R05』水溶性の樹脂コーティング剤です。ギラつきや濃淡のムラが出にくく施工性に優れています。研磨剤を意図的に混入しておらず弱い塗装等で活躍するプロ向けベースコートです。トップコートは「GT」推奨です。 『FTW』微粒子研磨剤配合の溶剤系フッ素樹脂コーティング剤です。軽研磨と同時に汚れ落としも出来る優れ物、メンテナンスや一発仕上げでも活躍する便利な樹脂ベースコートです。トップコートは「GT」「TOP」推奨です。 『NO.4』『PVD-A06』スケール除去剤は普通の洗車では除去できず、増える一方の”雨じみ&イオンデポジット”などを分解し簡単に除去する事が出来ます。日頃のボディメンテナンスでいつもキレイを維持できます。 『PVD-I07』鉄粉除去剤は特にホイールのブレーキダストに有効です。頑固に固着した鉄粉も繰り返しご使用頂く事で極力擦らず除去する目的で登場です。多量を使う専業者向けに業務用サイズはリーズナブルな価格設定です。 『PVD-W08』ガラスキズ専用の研磨剤です。「ミニメタボ」と「ガラス専用バフ」の組み合せにて驚きの仕上りです(加圧研磨がポイントです) 『TOP』ボディコーティング剤の排水性能は異常です!「プロのコーティング施行店様」にも『一般販売は反則だ』などと嬉しいお言葉を頂いております。艶光沢もすばらしく、スプレータイプの簡単施工で愛車がピカピカに!”超滑水”、体感して下さい!ビックリします。 『GT』防汚性能重視のトップコートです。濃淡のムラが出ず施工性抜群!ガラス系のメリットを感じれるハイスタンダードモデルです。様々なベースコートのトップコートとして、また単体使用のメンテナンス時にも大活躍です! 『OC メンテナンスクリーナー』は『NO.4』使用後に残る油脂系汚れをスッキリ除去すると同時に光沢UPも得られます。ボディはもちろん、ホイール、下回りタール除去、ドアヒンジ内側、素地モールなど様々な箇所にて活躍しますので日頃のお手入れに最適です! 『ヘッドライトリペアキット』劣化したヘッドライト表面のハードコートを残す事なく完全に削り落とす事で「再劣化」を軽減する事が最大の目的です。専用コート剤の『HEADLIGHT COAT』で透明度、光沢UP!プロ施工のノウハウをDIYにも!1〜2台分の少量キットで登場です! 『TIRE WAX:水性/油性』しっとりした仕上がりの水性タイプと持続際の高い光沢重視の油性タイプ。どちらもプロ仕様の「タイヤワックス」です。お好みでご選択下さい!

モバイル

売れ筋商品

Feed

『ヘッドライトリペアキット』
























こちらの商品は『ヘッドライトリペアキット』です。

近年多くのヘッドライトが樹脂製で劣化が早く黄ばみやクラックを早期に起こしてしまいます。
ハードコートでクラックが止まっているかポリカまでクラックが進行しているかで作業時間の違いはありますが、再劣化を遅らす目的でヘッドライト外側のダメージを受けた箇所を「専用パッド&ペーパー」にてドライ施工で完全に削り落とし「専用コンパウンド」で復元し「専用コート剤」で保護するキットです。
耐水ペーパーなどの作業時の張り付き抵抗やサンディング時の対象面の状況確認など含め、サンディングの微調整をしやすくする目的でドライ施工を選定致しました。
これにより、マスキングなど最低限で施工する事ができます。


◯樹脂製ヘッドライトレンズ表面の黄ばみ、キズ、クラックなどの劣化した状態を修復するキットです。

◯ペーパー、コンパウンド、コーティングまで必要な物が入っています。
※別途、ティッシュペーパー、マイクロファイバー数枚を使用します。

◯状態にもよりますが1〜2台分の内容量です。
※ハードコートの劣化が酷い方が削り落とすのも楽で作業がスムーズに出来ます。
※ハードコートの劣化状態により、付属ペーパーでは種類と量が足りない場合があります。

※仕上げ研磨のコンパウンドは『PVD-ALL』を使用しています(ポリッシャー施工の場合は「PVD-SPL」推奨)
※ペーパー掛けを『METABO SXE400改(ミニダブル)』にて行う場合はペーパーを丸くカットする必要があります。
※仕上げポリッシュは『METABO SXE400改(ミニダブル)』での研磨作業が理想です(スピード&仕上りは機械研磨に及びませんが、ハンドポリッシュでも施工できます)

□付属品
・「HEADLIGHT POISH」…………25ml
・「PVD-ALL」…………………… 25ml
・「HEADLIGHT COAT」………… 10ml
・「専用パッド」………………………1枚
・「レモンペーパー」…………………1枚(シートタイプ/ハーフ)
・「オレンジペーパー」………………4枚(ディスクタイプ)
・「グリーンペーパー」………………2枚(ディスクタイプ)
・「ブラックペーパー」………………2枚(ディスクタイプ)
・ マスキング(15mm×18m)……1個
・ 取扱説明書

□「ヘッドライトリペアキット」使用方法・使用上の注意事項
本製品ご使用前に必ず目立たない所でお試しになり確認してからご使用下さい。
付属ペーパーにて、すべてのヘッドライトのハードコートを剥がせるとは限りません事、ご了承下さいませ。
他の洗浄剤や研磨剤との混合・併用は避けてください。
施工、保管にあたり当社は一切責任を持ちません、お客様の自己責任にて施工、保管をお願い致します。
施工の際は、取り扱い説明書、各製品ラベルをよく読み用法を守って正しくお使い下さい。


□施工方法
1.研磨対象面の砂や泥は、あらかじめ水洗いをして取り除いてください。(砂や泥が残っていると傷の原因になります)

2.レンズ周辺のモール・塗装面(ボディー)等、傷になる場合がありますので研磨対象面以外にはマスキングを貼ってください。

3.付属のパッドにオレンジペーパーを貼付け、レンズをムラ無く磨いてください。(ハードコートをすべて削り落とします、この時点でハードコートの削り残しがあると最後まで残りキレイに仕上がりません)
※レンズ側面含めハードコートがまだ酷く劣化していなく、オレンジペーパーで時間がかかる場合は「レモンペーパー(付属)/ブルーペパー細目(別売り)/ブルーペパー粗目(別売り)」等を使用し、除去に番手を上げて各工程を確実に仕上げて行きます(オレンジペーパーより早く削れますが付けたキズを消す難易度が増します)
全体的に平均したオレンジペーパーキズを入れたら、次はグリーンペーパーを同じ様に使用してまんべんなく削りキズを入れます。
最後にブラックペーパーで同じ様に削りペーパー掛けは終了です。
※ブラックペーパーで入れたキズはコンパウンドで消えますが、その他「レモンペーパー/ブルーペーパー細目/ブルーペーパー粗目」含む、オレンジやグリーンで深く入ったキズ除去は大変ですので1つの工程でしっかりと確認しながらキズを入れ替えるのがポイントです。
※ペーパーが目詰まりしてきた場合は、ドライのマイクロファイバークロスで拭くと良いです(パルスエアーガンでも簡単に削り粉を除去出来ます)

4.削り粉を除去して、初期研磨用の「HEADLIGHT POISH」とマイクロファイバークロスを使用してレンズを磨きます。
※『METABO SXE400改』をお持ちの方は『ロングウールミニバフ/ショートウールミニバフ』で研磨します(初期研磨のバフ選定はレンズ状態によりケースバイケースです)

5.状態を確認し、ブラックペーパーのキズが見えなくなれば仕上げ工程へ進みます。
※ブラックペーパーのキズ以外のキズが目立つようであれば、他ペーパー含むオレンジ・グリーンペーパーの工程が不十分ですのでやり直します。

6.仕上げ研磨用の『PVD-ALL』をキレイなマイクロファイバークロスを使用してレンズを磨きます。
※『METABO SXE400改』をお持ちの方は『テーパーウレタンミニバフ』で研磨します(機械研磨では「PVD-SPL」推奨)

7. 磨いた後は水で洗い流してください。

8.清潔な乾いたクロスで拭き上げて完全に乾燥させて下さい。

9.「HEADLIGHT COAT」をティッシュペーパーを使用して塗りこみます(少量にてよく伸びます)

10. まんべんなく塗り終えたら、新しいキレイなティッシュペーパーで拭き上げて完了です(ムラの確認)

11. 2時間程、水に濡らさぬ様乾燥させて完了です。



□施工例
施工前(ハードコートが劣化し剥離、レンズ素材にもクラックが進行しています)


施工後(透明感が蘇りました、作業中の粉が気になる方はマスカーなどで養生すると良いです)


↓ペーパー処理後、部分的に研磨してペーパーキズが残っていないか確認します。


↓スポット照明などでチェックするとよく見えます。


『METABO SXE400 改」使用例




参考施工過程
↓左から…
「未施工」
「オレンジペーパー」
「グリーンペーパー」
「ブラックペーパー」
「ロングウールバフ」
「テーパーウレタンバフ」
「ヘッドライトコート」
『METABO SXE400 改』にて施工しました。




施工前




施工中


施工前


施工後


施工前


ハードコートが劣化してヒビが入っています。


拡大




さらに拡大




さらに拡大すると、ハードコート下のポリカ素材までクラックが入っているのがわかります。




ハードコートを削り落とし、ポリカのクラックも見えなくなるまで削ります。
※このレンズの施工ケースでは「ブルーペーパー粗目」より、サンディングしています(ポリッシャー「METABO SXE400改」使用)


施工後



ピックアップ商品