カテゴリー

2017年10月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031
2017年11月
1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930
赤色→休業日 青色→臨時休業日

カートの中身を見る

カートの中に商品はありません

メールマガジン

メールアドレスを入力してください。


店長コーナー

ーWelcome!ー

『PVD-F01』は数少ない「質感UP」を目的とした「高品質フッ素樹脂」を使用している自動車布幌用コーティング剤です!リーズナブルな価格も魅力です。 『PVD-G03』ガラス研磨剤は、車のウィンドガラス以外にも大活躍です♪海岸通りのレストランの窓や、旅館/ホテルのお風呂のガラスにも!水気ある箇所のガラスメンテナンスの必需品です。 『PVD-M04』は欧州車の金属モール腐食を復元する、専用研磨剤です!それに合わせた新感覚の『特殊研磨パッド』にて作業効率UP☆新車のモールの様な復元を目指して「専用キット」を新発売です☆今まで諦めていた方…是非お試し下さい! 『PVD-R05』水溶性の樹脂コーティング剤です。ギラつきや濃淡のムラが出にくく施工性に優れています。研磨剤を意図的に混入しておらず弱い塗装等で活躍するプロ向けベースコートです。トップコートは「GT」推奨です。 『FTW』微粒子研磨剤配合の溶剤系フッ素樹脂コーティング剤です。軽研磨と同時に汚れ落としも出来る優れ物、メンテナンスや一発仕上げでも活躍する便利な樹脂ベースコートです。トップコートは「GT」「TOP」推奨です。 『NO.4』『PVD-A06』スケール除去剤は普通の洗車では除去できず、増える一方の”雨じみ&イオンデポジット”などを分解し簡単に除去する事が出来ます。日頃のボディメンテナンスでいつもキレイを維持できます。 『PVD-I07』鉄粉除去剤は特にホイールのブレーキダストに有効です。頑固に固着した鉄粉も繰り返しご使用頂く事で極力擦らず除去する目的で登場です。多量を使う専業者向けに業務用サイズはリーズナブルな価格設定です。 『PVD-W08』ガラスキズ専用の研磨剤です。「ミニメタボ」と「ガラス専用バフ」の組み合せにて驚きの仕上りです(加圧研磨がポイントです) 『TOP』ボディコーティング剤の排水性能は異常です!「プロのコーティング施行店様」にも『一般販売は反則だ』などと嬉しいお言葉を頂いております。艶光沢もすばらしく、スプレータイプの簡単施工で愛車がピカピカに!”超滑水”、体感して下さい!ビックリします。 『GT』防汚性能重視のトップコートです。濃淡のムラが出ず施工性抜群!ガラス系のメリットを感じれるハイスタンダードモデルです。様々なベースコートのトップコートとして、また単体使用のメンテナンス時にも大活躍です! 『OC メンテナンスクリーナー』は『NO.4』使用後に残る油脂系汚れをスッキリ除去すると同時に光沢UPも得られます。ボディはもちろん、ホイール、下回りタール除去、ドアヒンジ内側、素地モールなど様々な箇所にて活躍しますので日頃のお手入れに最適です! 『ヘッドライトリペアキット』劣化したヘッドライト表面のハードコートを残す事なく完全に削り落とす事で「再劣化」を軽減する事が最大の目的です。専用コート剤の『HEADLIGHT COAT』で透明度、光沢UP!プロ施工のノウハウをDIYにも!1〜2台分の少量キットで登場です! 『TIRE WAX:水性/油性』しっとりした仕上がりの水性タイプと持続際の高い光沢重視の油性タイプ。どちらもプロ仕様の「タイヤワックス」です。お好みでご選択下さい!

モバイル

売れ筋商品

Feed

ガラス専用研磨剤「PVD-G03」100g

























こちらの商品は『ガラス専用研磨剤 PVD-G03 100g』です。

◯油膜、うろこ(スケール)など頑固な付着物も簡単除去出来ます。
※ガラスがウロコ痕に陥没していたり、加圧研磨にて焼き付けてしまった場合は綺麗に出来ません。

◯今までの「ガラスコンパウンド」とは研磨力/仕上がり共に「別次元」です!

◯一度使用すると、他のコンパウンドは使用したくなくなる程です…是非お試し下さいませ。

『PVD-G03』はウインドガラス専用研磨剤・ウロコ・水痕・油膜などの除去剤です。

☆本製品をご使用いただくと、どなたでも簡単に油膜や汚れを取り除く事が出来ます。
 ・サンダーポリッシャー等の道具が無くても手磨きで十分除去が可能です。
 ・ガラス表面に付着した頑固なウロコ状痕も簡単に落すことが出来ます。
☆水アカ・ウロコをスッキリと除去することが出来ますので、雨天時や夜間の視界確保に貢献します。
 ・撥水処理前の油膜落しとしてもご使用いただけます。
☆フッ酸や、フッ化アンモニウム等の毒劇物や二次汚染を引き起こす界面活性剤を含みませんので環境にも優しい製品です。
 ・フロントガラス等への影響も無く安心してご使用頂けます。

◯施工例
研磨前


研磨後


ガラス際箇所の蓄積された汚れ除去にも。
※円運動の研磨を推奨致します。直線運動で強めに研磨するとキズが入る場合があります(その場合は「PVD-W08」でリカバリーします)




□使用方法・使用上の注意事項
本製品ご使用前に必ず目立たない所でお試しになり確認してからご使用下さい。
使用量の目安は1㎡あたり約20gです(50gで程度にもよりますが、目安としてF,Rガラス2枚使用できる量です)
製品が容器から出にくい場合は、少量の水を足して良く振って下さい。(1〜2cc程度)

1.ガラス面の砂や泥は、あらかじめ水洗いをして取り除いてください(砂や泥が残っていると傷の原因になります)
2.ガラス周辺のモール・ボディー等、傷になる場合がありますので研磨対象面以外にはマスキングを貼ってください。
3.容器をよく振り、本製品を特殊研磨パッド(別売り/下記参照)コットン・ネルクロス等柔らかい布やスポンジに適量取り出しガラス面に塗布しながら”円運動”にてムラ無く磨いてください(15cm四方を仕上げながら全体を仕上げてください)
 ウロコや汚れが付着している時は”ザラザラ”した感じがしますが取れるとガラス表面がツルツル滑るようになってきます。
 強く擦る必要はありません。(強く擦るとキズの原因になります)
4.磨きながらガラス表面が乾燥してきた場合は、霧吹き等で水分補給しウェットな状態を保ちながら磨いてください。
 (乾いた状態で磨くと傷の原因となる場合があります)
5.状態を確認し、研磨が不完全な場合は3,4の工程を落ちるまで繰り返して下さい。
 繰り返し磨いても改善されない場合は、ガラス表面が陥没している可能性があります。
 この陥没に対しては、除去できません。
6.磨いた後は十分な水で洗い流してください。
 (洗い流しが不十分ですと研磨剤が白く残る場合があります)
7.最後に清潔な乾いたクロスで拭き上げて下さい。

施工、保管にあたり当社は一切責任を持ちません。
お客様の自己責任にて施工、保管をお願い致します。
施工の際は、取り扱い説明書、製品ラベルをよく読み用法を守って正しくお使い下さい。



☆垂れにくく、使いやすい高粘度液状タイプ

キッチンペーパーでも十分な研磨が可能です。
スポンジなどを使用する場合は目の細かいコシのあるものが良いです。


↑ピント合わせのマスキングです。
様々な既存製品(コンパウンド)で機械研磨された、1◯系アルファードのクォーターガラス(酸性ケミカルも使用済み)
かなり頑固にスケールが付着しています。
画像中央の四角い枠にマスキングを施し『PVD-G03』少量をキッチンペーパーにて十数秒手磨きのみで仕上げました。
驚く程、簡単に除去が可能です。

『特殊研磨パッド』を使用して、ウィンドガラスを研磨する際にはカットせずそのまま「キッチンペーパー」を二つ折りにて巻いてから、ご使用頂く事をお勧め致します(ダイレクトより研磨剤を保持でき、効率UPです…キュキュっと嫌な音も軽減します)
また、ガラス面への加圧も分散されキズも入りません。
上記方法は、軽度の油膜やウロコ除去の場合に有効です、研磨剤のトータル使用量をかなり抑えられます。

http://provide.shop-pro.jp/?pid=21135608





※こちらの商品は「取扱説明書」が付属しておりません。
※取扱説明書は「弊社カタログ」に記載がございます。
※弊社カタログをご希望の場合は、下記リンク先よりカートにお入れ下さいませ。
http://provide.shop-pro.jp/?mode=cate&cbid=1865072&csid=0