カテゴリー

2017年10月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031
2017年11月
1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930
赤色→休業日 青色→臨時休業日

カートの中身を見る

カートの中に商品はありません

メールマガジン

メールアドレスを入力してください。


店長コーナー

ーWelcome!ー

『PVD-F01』は数少ない「質感UP」を目的とした「高品質フッ素樹脂」を使用している自動車布幌用コーティング剤です!リーズナブルな価格も魅力です。 『PVD-G03』ガラス研磨剤は、車のウィンドガラス以外にも大活躍です♪海岸通りのレストランの窓や、旅館/ホテルのお風呂のガラスにも!水気ある箇所のガラスメンテナンスの必需品です。 『PVD-M04』は欧州車の金属モール腐食を復元する、専用研磨剤です!それに合わせた新感覚の『特殊研磨パッド』にて作業効率UP☆新車のモールの様な復元を目指して「専用キット」を新発売です☆今まで諦めていた方…是非お試し下さい! 『PVD-R05』水溶性の樹脂コーティング剤です。ギラつきや濃淡のムラが出にくく施工性に優れています。研磨剤を意図的に混入しておらず弱い塗装等で活躍するプロ向けベースコートです。トップコートは「GT」推奨です。 『FTW』微粒子研磨剤配合の溶剤系フッ素樹脂コーティング剤です。軽研磨と同時に汚れ落としも出来る優れ物、メンテナンスや一発仕上げでも活躍する便利な樹脂ベースコートです。トップコートは「GT」「TOP」推奨です。 『NO.4』『PVD-A06』スケール除去剤は普通の洗車では除去できず、増える一方の”雨じみ&イオンデポジット”などを分解し簡単に除去する事が出来ます。日頃のボディメンテナンスでいつもキレイを維持できます。 『PVD-I07』鉄粉除去剤は特にホイールのブレーキダストに有効です。頑固に固着した鉄粉も繰り返しご使用頂く事で極力擦らず除去する目的で登場です。多量を使う専業者向けに業務用サイズはリーズナブルな価格設定です。 『PVD-W08』ガラスキズ専用の研磨剤です。「ミニメタボ」と「ガラス専用バフ」の組み合せにて驚きの仕上りです(加圧研磨がポイントです) 『TOP』ボディコーティング剤の排水性能は異常です!「プロのコーティング施行店様」にも『一般販売は反則だ』などと嬉しいお言葉を頂いております。艶光沢もすばらしく、スプレータイプの簡単施工で愛車がピカピカに!”超滑水”、体感して下さい!ビックリします。 『GT』防汚性能重視のトップコートです。濃淡のムラが出ず施工性抜群!ガラス系のメリットを感じれるハイスタンダードモデルです。様々なベースコートのトップコートとして、また単体使用のメンテナンス時にも大活躍です! 『OC メンテナンスクリーナー』は『NO.4』使用後に残る油脂系汚れをスッキリ除去すると同時に光沢UPも得られます。ボディはもちろん、ホイール、下回りタール除去、ドアヒンジ内側、素地モールなど様々な箇所にて活躍しますので日頃のお手入れに最適です! 『ヘッドライトリペアキット』劣化したヘッドライト表面のハードコートを残す事なく完全に削り落とす事で「再劣化」を軽減する事が最大の目的です。専用コート剤の『HEADLIGHT COAT』で透明度、光沢UP!プロ施工のノウハウをDIYにも!1〜2台分の少量キットで登場です! 『TIRE WAX:水性/油性』しっとりした仕上がりの水性タイプと持続際の高い光沢重視の油性タイプ。どちらもプロ仕様の「タイヤワックス」です。お好みでご選択下さい!

モバイル

売れ筋商品

Feed

『次世代研磨システム・Mastermind』RSE-1250+低重心軽量ヘッド+PVDベアリング セット



この商品は「次世代研磨システム・Mastermind」ポリッシャーセットです。

セット内容
『RYOBI製 RSE-1250+低重心軽量ヘッド+PVDベアリング』組み込み済み……1機
『専用ロングウールバフ』………………………………………………………………… 3枚
『専用テーパーウレタンバフ』…………………………………………………………… 2枚
『PVD-STD』初期研磨用特殊コンパウンド………………………………………… 300ml
『PVD-ALL』仕上げ用特殊コンパウンド…………………………………………… 300ml
『FTW』(コーティング剤) ………………………………………………………… 80ml
※RYOBI標準ポリッシャー付属品を含む上記商品画像のセットがお送りする商品です。
※RYOBI標準ヘッドは付属しません。
※PVDベアリング→http://provide.shop-pro.jp/?pid=39072442
※『低重心軽量ヘッド』『PVDベアリング』は改造部品です、ポリッシャーの故障などはメーカー保証対象外になります。
 ご理解ご了承の上ご購入下さい。


「ウレタンスポンジ素材について」
「素材メーカー→加工工場→弊社」の流れにて製作しております過程において「保管/物流時のダンボール使用」を避けられないため、対策は行なっておりますがウレタンスポンジに一部若干の「黄ばみ」が発生してしまうケースがございます事ご了承下さいませ。
※ほとんど気にならないレベルではありますが、数週間保管した物と製造直後の商品と比べるとわかる程度です。
※使用に差し支えございません。

「自動車板金塗装の仕上げ磨き」「ボディコーティングの下地処理磨き」「DIYでの磨き」など、塗装を磨くという事に拘り簡単な研磨方法で「鏡面仕上げ」を可能にするシステムです。

ポリッシャーは「RYOBI製サンダーポリッシャーRSE-1250」を使用。
『低重心軽量専用ヘッド』『PVDベアリング』を装着する事により、磨けない概念のポリッシャーが生まれ変わります。
エアー式に比べトルク変化も少ない電動式にて、トランクやハッチバックなども片手で十分に作業でき、磨いている最中の塗装表面の発熱上昇を抑えたポリッシングができ、近年多様化されつつある樹脂部品の塗面研磨のリスクも軽減できます。

今までは、ごく一般的な研磨方法として「シングルポリッシャー」が代表的に使われてきました。
扱いに慣れないと、暴れてしまったり、削りすぎてしまったり、最悪の場合塗装を剥がしてしまうなどシングル回転故の「発生熱」もリスクを伴うことから多くは『プロ用』として使用されてきました。
コンパウンド(研磨剤)で塗装を磨くという事は、研磨剤に含まれる研磨粒子とバフで塗装を削るという事です。
深いキズを見えなくなるまで研磨するには、粗い研磨剤で磨く事になります(細かい研磨粒子だと非常に時間がかかってしまいます)
当然、粗い研磨粒子の「磨きキズ」が付く事になり次工程で細かいコンパウンドに切り替え、前工程で付けてしまったキズを消す事になります。
が、細かいコンパウンドでもまたキズが付いてしまう結果に…シングルアクションの回転で付いてしまうキズを”黒ソリッド”などで見えにくくする事はプロでも困難でした。
よって、研磨粒子を細かい物にしていくと同時に「シングルアクション」→「ギアアクション」→「ダブルアクション」の工程で肉眼では確認できないレベルの極浅い研磨キズで終了させるのが一般的でした。
しかし、一度シングルアクションで付けてしまった研磨キズは意外と深くしっかり除去するのには手間もかかります。
また、「艶だし成分」を含むコンパウンドで一時的に見えなくなってしまうケースも多くある様で、この場合「艶だし成分」が洗車や雨で流れ落ちた時にまだ消しきっていない(磨いている時には確認できなかった)研磨キズが姿を現すことになります。。

そこで『次世代研磨システム・Mastermind』の登場です。

今までの「磨き」の概念は忘れて下さい。
「ダブルアクションは磨けない」その常識は過去の情報へと変わります。




シングルポリッシャーのリスクを無くし ”回転キズを付けずに確実にキズを消す”「専用マテリアル」により初期研磨からダブルアクションを使用します。
ボディカラーによっては、1工程で鏡面まで仕上がります(厳密に言うと、付いているキズが確認できない状態です)
ソリッドカラーなどは微細な磨きキズを確認しやすいですが、とても浅く付いているキズですので2工程目で安易に消しやすく、磨きキズで発生するオーロラなどの心配もなくなります。

「次世代研磨システム・Mastermind」で磨き仕上げた塗装面は、まるでコーティングしたかのような…
素材自体の輝きを最大限に引き出し、今までにないとても美しい質感を表現します。


□使用上の注意事項
□本製品ご使用前に必ず目立たない所でお試しになり確認してからご使用下さい。
□ポリッシャーにつきましては「RYOBI純正取扱説明書」をよくご覧になり、ご使用前に必ずベアリングアダプターのネジ1本とヘッドのネジ4本が緩んでいないかご確認の上ご使用下さい。
□塗装の状態/種類は様々で、すべての塗装にて同梱されているセットのみで完璧に理想の状態に仕上げられるとは限りません事をご了承下さいませ(主観もございます)
本商品は「多くの中古車(キズがある使用車)を対象」としておりますが、中にはセット以外の弊社コンパウンド/バフシリーズを組み合せないと満足のいかない結果(主観)になる塗装もございます(様々な塗装でよりシビアな仕上りを求められる方は技術講習の受講をお勧め致します)(磨き専業者でなくエンドユーザー様ご自身のお車等でうまく仕上げられない場合、ご連絡頂ければアドバイスさせて頂きます)
また、磨き専業者で無い場合、特に現在の新車濃色塗装は研磨仕上げの難易度が高いという事をご承知下さいませ(淡色車でも同様ですが照明環境設備が整っていなければ難しさを感じないかもしれません)
□施工、保管にあたり当社は一切責任を持ちません、お客様の自己責任にて施工、保管をお願い致します。
□施工の際は、取り扱い説明書、各製品ラベルをよく読み用法を守って正しくお使い下さい。


・風が強い日は砂埃を巻き込みキズの原因になる場合がありますので作業はお控え下さい。
・炎天下などでの作業はお控え下さい。
・磨く前にボディ上の異物を除去して下さい(磨き最中に異物が取れ、キズの原因になる可能性があります)
・クリアー層を超えているキズを見えなくなるまで研磨すると、クリアー層が無くなりますのでご注意下さい。
・プレスライン、エッジ(角などバフの当たりが集中する場所)などは磨きすぎない様にご注意下さい(磨きすぎると下地が出てしまうケースもございます)
・サイドミラー下やテールゲートガーニッシュ下、ルーフレール下など、バフではなく『低重心軽量ヘッド』が触れてしまいそうな箇所を磨く時には十分に注意して下さい(ヘッドが直接塗装面などボディに当たると塗装が剥がれる事があります)


□使用方法
1、洗車をして、汚れなどを洗い流します(鉄粉など異物も除去します)

2、水分をしっかり拭き上げます(研磨中に水分が出てくると、コンパウンドが切れずスッキリしにくくなります)

3、必要に応じて、磨く塗装面以外の箇所にマスキングを施します。
・この時点でバフが入らないであろう箇所は「初期研磨用→仕上げ用コンパウンド」で手磨きしておきます(ドアノブ内側等)

4、ヘッドの中心に合う様に「ロングウールバフ」を装着し、初期研磨用特殊コンパウンドを適量付けて約30cm四方を目安にまんべんなく磨きます。
※コンパウンドが広がるからといって、大きな面積で磨いてしまうとしっかり磨けません。
・ポリッシャーの回転数ダイヤルは「4」前後で磨きやすいところで調整して下さい。
・ポリッシャーを研磨中に押し付ける事で研磨スピードが向上しますが、慣れるまでお控え下さい(塗装状態によってキズを付ける可能性があります。また、焼き付いた場合は少量のコンパウンドを塗布し優しく擦って下さい)
・ヘッドの回転がしにくい箇所を磨く場合はポリッシャーの自重をかけずにバフを触れさせる要領で磨いて下さい。

5、深いキズは繰り返し磨く事で見えにくくなります(磨きすぎにご注意下さい)
・キレイになったら、他の場所へ移り(4)の行程を繰り返し磨いていきます。
・ロングウールバフがコンパウンドで絡んできたら「パルスガンまたはバフクリーナー」(別売り)で掃除します(水垢などが多く付着していると絡みやすいです)
・パルスガン&バフクリーナーをお持ちでない場合:バフを外し水洗い後、再度ヘッドに取り付け空転(回転数ダイヤル6)で水を切り、取り外して少し乾燥させます。乾燥させている間は別のバフを使用して下さい。
・掃除しないとキズを付ける原因になりますので、こまめな掃除をお勧めします(研磨効率も良い状態を維持できます)

6、1パネル、ロングウールバフで磨いたら「テーパーウレタンバフ」に付け替え「仕上げ用特殊コンパウンド」で同じ要領で磨きます(バフの脱着時にはヘッド&バフのマジック部分の痛みを避けるため優しく行って下さい)
・磨き粉が多い場合やコンパウンドが残っている場合は「耳無しマイクロファイバークロス」(別売り)で優しく拭き上げてから仕上げ磨きに移って下さい。
※ここで拭き上げた「マイクロファイバークロス」は仕上げ磨き後には使用しないで下さい(キズの原因になる可能性があります)

7、納得のいく状態まで全パネルを磨き上げたら、やさしく洗車して磨き残しなどがないか確認して終了です。


□参考使用方法













□付属品『FTW』(コーティング剤)の使用方法
1、磨き終了後、別の「テーパーウレタンバフ」で仕上げ磨きの要領でまんべんなく塗込みます。
※バフは研磨に使用するバフと一緒にせず、必ず分けて使用して下さい。

2、全パネル塗り終えたら、シャンプー洗車を行ない、拭き上げて塗りムラなどがないか確認して終了です。
※ムラがあった場合は再度バフで塗り込んで下さい。
※シャンプー洗車を行なわないと、濃色車の場合は特にギラギラが目立ちます(淡色車でギラギラなど気にならない場合は洗車無しで終了も可です)
※最後に「GT」(別売り)にてオーバーコートすると、尚良いです(お試し下さいませ)

※保護性能は約12ヶ月です(使用、保管環境により変わります)
『FTW』(コーティング剤)は「撥水」です(スケール汚れの蓄積などで撥水は徐々に衰えます、塗装の状態により撥水しにくいケースもございます)

※『FTW』(コーティング剤)は極超微粒子レベルの研磨性能を兼ね備えたコーティング剤で、フッ素樹脂が強固に定着します。 
・磨き上げたボディに施工する事で、更にボディカラーが深みを増し光沢が向上します。
・キズ消し、キズ埋め効果がありますので、メンテナンスでの一発仕上げにも最適です。

※弊社『FTW』含む各種コーティング剤の使用にて内容成分の溶剤が少なからずバフのマジック箇所接着面へ悪影響を及ぼします。
特に施工性向上の為、薄く設計されています『テーパーウレタンバフ』はコーティング剤が接着箇所まで到達しやすい傾向にあり、コート剤の塗布量や使用頻度によりマジック箇所接着面の剥がれが生じる事がございます。


「発熱を抑えた研磨」や「簡単に磨ける」とは…実際どうなのか?…以下、参考データをご参考下さいませ。






↓その他オプション含む『専用マテリアル』のご案内です…すべてが新しい専用設計です。



『低重心軽量専用ヘッド』
ダブルアクションで「磨く」事を追求しました。
123パイの外形サイズで「軽量化」長時間のポリッシングでも疲れにくく作業性抜群です。
スムーズなヘッド回転と「低重心化」にて安定した研磨が可能。
振動を起こしてしまう機械運動故の、デメリットを最小に抑えました。
※RYOBI製サンダーポリッシャーRSE-1250専用の”PROVIDEオリジナルヘッド”です。

『専用ロングウールバフ、テーパーウレタンバフ』
「ポリッシャー」と「低重心軽量専用ヘッド」の為に専用設計しました。
ポリッシャーの動きを最大限に生かし ”塗装肌を変えずに” 仕上げる事ができます。
また、コンパウンドを効率良く保持する事で研磨粒子を有効に使用する事が出来ます。
□ロングウールバフ(初期研磨)
際の細かい部分もしっかりテンションをかけて磨ける様にクッション部分はストレートカットの130パイです。
無駄な ”叩きキズ” を抑える為に薄く設計し、ウールバフとは思えない程の仕上がりを実現しました。
※こまめにバフクリーニングする事をお勧めします(パルスガンor専用バフクリーナー)(別売り)
※DIYでの作業でエアー環境がない方は、適度にキレイなバフに交換しながら研磨して下さい。
□テーパーウレタンバフ(仕上げ研磨)
回転バランス、操作性を重視したテーパーカット15mm厚の超極細最終仕上げ用ウレタンバフです。
ヘッドエッジとの摩耗による耐久性を高める為にマジック部分は130パイにしました。
柔軟性にすぐれ、とても扱いやすいバフです(ブリジストン製ウレタンフォームを採用)

『専用特殊コンパウンド』4種類
機械、バフに合わせて効率良く研磨粒子が働く様、このシステムの為に新開発しました。
バインダーに拘り”ごまかす艶だし成分” に惑わされる事なく、研磨中の状況を確認、リアルな仕上がりを可能にします。
すべてのラインナップが「水溶性」なので、飛び散っても水拭きでの除去が安易で非常に扱いやすいコンパウンドです。
※『次世代研磨システム・Mastermind』以外の使用では、理想の仕上がりにならない場合があります。

□「PVD-STD」専用特殊コンパウンド
国産車向け(※キズが入りやすいソリッド塗装/欧州車、国産車)の初期研磨用のメインコンパウンドで、ロングウールバフと併用します。
※キズが見えやすい塗装という解釈ではありません。
3000#のペーパー目もワンポリッシュで鏡面まで仕上げる事が可能です。
また、絡みにくく、スッキリ仕上がりストレスなく作業を進行する事が出来ます。
深めのキズも繰り返し磨く事で、塗装肌を変えずに仕上がります。
磨く事前提ですが、極力バフ目、コンパウンド目を抑える目的で作りました。

□「PVD-SPL」専用特殊コンパウンド(高硬度/高密度塗装専用)(別売り)
欧州車向け(国産車メタリック/パール)の初期研磨用メインコンパウンドで、ロングウールバフと併用します。
高密度塗装をしっかり磨く為のハイスペックバージョンです。
硬度、粒径の異なる研磨粒子をバランスよく非常に多く配合しています。

□「PVD-ALL」専用特殊コンパウンド
仕上げ用のコンパウンドで、テーパーウレタンバフと併用します。
「STD」「SPL」にて塗装に合わせた初期研磨後、どちらの仕上げでも使用できます。

□「PVD-PRO」専用特殊コンパウンド(プロ向け)(別売り)
仕上げ用のコンパウンドで、テーパーウレタンバフと併用します。
保管性を犠牲にしてでも仕上がりに拘り「素」のコンパウンドを目的に作りました。
拘ったが故に…「保管耐久性」が低いので、300mlを1〜2ヶ月で使い切る「プロ施行店」向けです。

国産車向け、欧州車向けなどは目安ですので「STD」と「SPL」は両方あると良いです。
まず「STD」での研磨をオススメします。
プロの方以外は”柔らかい塗装”に「SPL」は使用しないで下さい。

DIYにて使用する際の仕上げ用コンパウンドは「ALL」をお試し下さい。
プロの方は是非「PRO」もお試し下さい。

『オプションアイテム』

『パルスエアーガン』
「ロングウールバフ」のクリーニングに使用します。
絡まった、コンパウンドカスをエアーの力で掘り起こし除去します。
また、磨いた際に発生しボディに付着した粉塵など隅々までキレイに吹き飛ばす事ができます。

『専用バフクリーナー』
システムに使用するポリッシャー&バフに合わせて作製しました。
ポリッシャーよりバフを外す事なくスピーディにクリーニング可能、煩わしさがありません。
コンパウンドカスが付着した「ロングウールバフ、テーパーウレタンバフ」を数秒でキレイにリフレッシュします。
こまめなバフ掃除は研磨能力を高め、仕上がりをより安定にします。
また、コンパウンドカスが固着した部分を削る事なく掃除できますのでバフの寿命も延びます。
水源を別にする事により、コンパクトに設計し軽量でポータブル性に優れています。
給水源は別途、ペットボトルなどでご使用頂き、常にキレイな水を使用する事が出来ます。
クリーニング後、空転で水分を飛ばした後「パルスエアーガン」で乾燥させます。
一度使用すると、手放せなくなる程の「便利アイテム」です。
※「専用コンパウンド」を使用した場合に限ります(水溶性である為)
※『FTW』(コーティング剤)を使用したバフはキレイに出来ません(別途、洗剤でもみ洗いして下さい)

「耳無しマイクロファイバークロス」
作業状況に合わせてボディへの拭き上げ作業にご使用下さい。
耳がないクロスでボディへのキズの入りを極力抑えることが出来ます。

『使い捨てマイクロファイバークロス』
ヒンジやホイール足回りなどへの使用にとても活躍する、リーズナブルなマイクロファイバークロスです。
使い捨てと言っても、しっかりした作りですのでハードに使用できます。


下記画像は「次世代研磨システム・Mastermind」使用例です。
トヨタ202
研磨前


研磨後(HID)


研磨後(蛍光灯+HID)


研磨前


研磨後


ポルシェ カイエン(バックドア)
研磨前


研磨後


三菱i(左Rドア:研磨前/左クォーター:研磨後)




三菱i(左Rドア:ロングウール初期研磨後)


三菱i(左Rドア:テーパーウレタンバフ仕上げ研磨後)


三菱i(リアスポイラー:画像中心部、研磨後)


日産GT-R(耐スリKH3)


日産エルグランド
研磨前


研磨後


レンジローバー(左パネル:研磨前/右パネル:研磨後)














BMW1シリーズ
研磨前


研磨後


トヨタハリアー(フロントスポイラー)
研磨前




研磨後


ダイハツコペン(ハイマウントストップランプ)
研磨前


研磨後


フェラーリ(328 GTS)
研磨前


研磨後


研磨前


研磨後


スズキセルボ
左:研磨前/右:研磨後


VWシャラン
蛍光灯(研磨前)(キズが確認出来ません)


HID(研磨前)(キズが確認出来ます)


研磨後


BMW (320i Tourring)
研磨前


研磨後


研磨中


日産エルグランド
研磨前


研磨後


メルセデスSL500
ルーフ(左:研磨前/右:研磨後)












日産エルグランド
研磨前


研磨後


メルセデスSL500
左 :研磨前/右:研磨後