カテゴリー

2017年12月
12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31
2018年1月
123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031
赤色→休業日 青色→臨時休業日

カートの中身を見る

カートの中に商品はありません

メールマガジン

メールアドレスを入力してください。


店長コーナー

ーWelcome!ー

『PVD-F01』は数少ない「質感UP」を目的とした「高品質フッ素樹脂」を使用している自動車布幌用コーティング剤です!リーズナブルな価格も魅力です。 『PVD-G03』ガラス研磨剤は、車のウィンドガラス以外にも大活躍です♪海岸通りのレストランの窓や、旅館/ホテルのお風呂のガラスにも!水気ある箇所のガラスメンテナンスの必需品です。 『PVD-M04』は欧州車の金属モール腐食を復元する、専用研磨剤です!それに合わせた新感覚の『特殊研磨パッド』にて作業効率UP☆新車のモールの様な復元を目指して「専用キット」を新発売です☆今まで諦めていた方…是非お試し下さい! 『PVD-R05』水溶性の樹脂コーティング剤です。ギラつきや濃淡のムラが出にくく施工性に優れています。研磨剤を意図的に混入しておらず弱い塗装等で活躍するプロ向けベースコートです。トップコートは「GT」推奨です。 『FTW』微粒子研磨剤配合の溶剤系フッ素樹脂コーティング剤です。軽研磨と同時に汚れ落としも出来る優れ物、メンテナンスや一発仕上げでも活躍する便利な樹脂ベースコートです。トップコートは「GT」「TOP」推奨です。 『NO.4』『PVD-A06』スケール除去剤は普通の洗車では除去できず、増える一方の”雨じみ&イオンデポジット”などを分解し簡単に除去する事が出来ます。日頃のボディメンテナンスでいつもキレイを維持できます。 『PVD-I07』鉄粉除去剤は特にホイールのブレーキダストに有効です。頑固に固着した鉄粉も繰り返しご使用頂く事で極力擦らず除去する目的で登場です。多量を使う専業者向けに業務用サイズはリーズナブルな価格設定です。 『PVD-W08』ガラスキズ専用の研磨剤です。「ミニメタボ」と「ガラス専用バフ」の組み合せにて驚きの仕上りです(加圧研磨がポイントです) 『TOP』ボディコーティング剤の排水性能は異常です!「プロのコーティング施行店様」にも『一般販売は反則だ』などと嬉しいお言葉を頂いております。艶光沢もすばらしく、スプレータイプの簡単施工で愛車がピカピカに!”超滑水”、体感して下さい!ビックリします。 『GT』防汚性能重視のトップコートです。濃淡のムラが出ず施工性抜群!ガラス系のメリットを感じれるハイスタンダードモデルです。様々なベースコートのトップコートとして、また単体使用のメンテナンス時にも大活躍です! 『OC メンテナンスクリーナー』は『NO.4』使用後に残る油脂系汚れをスッキリ除去すると同時に光沢UPも得られます。ボディはもちろん、ホイール、下回りタール除去、ドアヒンジ内側、素地モールなど様々な箇所にて活躍しますので日頃のお手入れに最適です! 『ヘッドライトリペアキット』劣化したヘッドライト表面のハードコートを残す事なく完全に削り落とす事で「再劣化」を軽減する事が最大の目的です。専用コート剤の『HEADLIGHT COAT』で透明度、光沢UP!プロ施工のノウハウをDIYにも!1〜2台分の少量キットで登場です! 『TIRE WAX:水性/油性』しっとりした仕上がりの水性タイプと持続際の高い光沢重視の油性タイプ。どちらもプロ仕様の「タイヤワックス」です。お好みでご選択下さい!

モバイル

売れ筋商品

Feed

金属モール専用研磨剤「PVD-M04施工セット」


























この商品は、金属モール専用研磨剤「PVD-M04施工セット」です。

BMW,メルセデス,VW,アウディ,ジャガー…欧州車の金属モールに起こる『腐食痕』
ボディ用のコンパウンドではまったくと言っていい程磨けません。。
今までは、数少ない専用のコンパウンドで対応するしかありませんでしたが…完全に復元する事は困難でした。
そして、油分を多量に含むコンパウンドでは無駄に滑り「キレイになった様に見える」為、作業効率も悪く洗車後には元通りに…なんてことも。


『PVD-M04』モール専用研磨剤は「ちょっと擦るだけで」…とはいきませんが、今までのコンパウンドとは比較にならない程の研磨能力です(復元スピードは状態にもよります)

         画像はすべて、機械を使用せず「手磨き」のみで行いました。


付属品
・「PVD-M04:50g
・「METAL COAT」:8ml
・ 取扱説明書
・ ゴム手袋
・ 特殊研磨パッド
・ マスキング(15mm×18m)

『PVD-M04』は、欧州車などの腐食した金属モールを復元する為の専用研磨剤です。
・油分を含んでいないのでギラツキが無く、真の輝きが得られます。
・特殊研磨パットを使用することで、効率良く除去が可能になります。
※濃色モールでは、強い光源が当たる事により微細な磨きキズが見えることがあります。
・程度にもよりますが、軽度の物であれば短時間での除去ができます(重度の場合はそれなりに時間かかりますが…画像はBMW5シリーズ5年落ち車両で復元可能です)
「参考使用量:画像車両にて片側で約10gです」

『METAL COAT』は金属モール専用のコーティング剤です。
☆金属専用
・金属専用に特別開発したコーティングですので金属モールへの塗布で性能を最大限に発揮します。
・高品質なフッ素を使用していますので、汚れの固着を防ぎ日常のお手入れを軽減します。
☆新車や、PVD-M04を使用して磨いた後にご使用下さい。
・金属に対して非常に強固な皮膜を作ります。
・素材の輝きをそのままに、ダイレクトに伝えます。
☆かんたん施工!
・塗るだけの拭き取入らずのコーティングですので安心して作業が出来ます。
・推奨施工はキッチンペーパー!経済的で効率よく塗布する事が出来ます。


□使用上の注意事項
本製品ご使用前に必ず目立たない所でお試しになり確認してからご使用下さい。
他の洗浄剤や研磨剤との混合・併用は絶対に避けてください。

メッキ・その他コーティング等のある場合は表面が剥がれてしまう場合がありますのでご使用前に必ず目立たない場所で異常が無いか確認してから作業してください。
その他の金属にご使用する場合も必ず目立たない場所で異常が無い事を確認してから作業をして下さい(艶消しの金属素材への施工では光沢が出る方向性へ働きます)
また、目安として1990年代後半以降の多くの欧州車にて採用されているアルマイト処理されたモールを対象としています。
上記参考画像の様な腐食痕でない場合や、古い年式の車両のモールでは素材が異なる為、研磨できても光沢がでない場合があります事をご了承下さいませ(必ず目立ちにくい箇所でテスト施工を行って下さい)

本製品のご使用は特殊研磨パッドとの併用が効果的です。
特殊研磨パッドは使いやすい大きさにカッター等でカットしてご使用下さい。


□「PVD-M04」使用方法
1.研磨対象面の砂や泥は、あらかじめ水洗いをして取り除いてください。(砂や泥が残っていると傷の原因になります。)
2.モール周辺のガラス・塗装面(ボディー)等、傷になる場合がありますので研磨対象面以外にはマスキングを貼ってください。「写真1」
3.付属の保護手袋を着用の上、容器をよく振り、適当な大きさ(モール幅程度)にカットした研磨パッドに適量(小豆粒程度)取り出しモールをムラ無く磨いてください。(液剤が染み難いパットの為、少量ずつ調整して下さい。)「写真2」本品を付着させたまま放置しないで下さい(シミ、変色のおそれがあります。磨く分だけ取り出してください)
広い面積を一度に磨くのではなく狭い範囲(4〜5cm)を小刻みに動かすと効率よく研磨できます。
「写真3」強固な腐食痕の場合には強めに擦って下さい。(必ずキズの有無を確認する事)
4.磨きながら研磨面が乾燥してきた場合や研磨用特殊パッドが目詰まりしてきた場合は、水分(一滴程度)補給しウェットな状態で磨いてください(より効果的な研磨ができます)「写真4」
研磨用特殊パッドの表面のヘタリや目詰まりが酷くなった場合は、表面を薄くカットすることでフレッシュな状態でご使用頂けます。「写真5」
5.状態を確認し、研磨が不完全な場合は3、4の工程を落ちるまで繰り返してください。
6.磨いた後は十分な水で洗い流してください(長時間放置しますと研磨剤が白く残り落ちにくくなる場合があります。)
7.清潔な乾いたクロスで拭き上げて完全に乾燥させて下さい(水分が残っているとコーティング剤の定着が悪くなります)
8.金属専用コーティング剤「METAL COAT」をキッチンペーパーを使用して塗りこみます。(下記画像参照)滑るような感覚になればムラの有無を確認して作業完了です。

※『マルチポリッシャー』併用でハイスピードな研磨が可能です。
http://provide.shop-pro.jp/?mode=cate&cbid=1846625&csid=0


施工、保管にあたり当社は一切責任を持ちません、お客様の自己責任にて施工、保管をお願い致します。
施工の際は、取り扱い説明書、製品ラベルをよく読み用法を守って正しくお使い下さい。



『PVD-M04』施工画像






□「METAL COAT」使用上の注意事項
本製品ご使用前に必ず目立たない所でお試しになり確認してからご使用下さい。
塗布される製品以外には「マスキング」処理をオススメします(塗装面、ゴムモール、素地プラスチックなど金属部分以外には使用できません)

□「METAL COAT」使用方法
1.塗布されるものにホコリ・油脂・水滴などが付着していますと密着性が損なわれますので十分に落とし完全乾燥してから施工してください。
 (PVD-M04をご使用後は研磨剤をすべて洗い流し完全乾燥後にご使用下さい)
2.キッチンペーパー(ミシン目1枚分)を適度な大きさに折りたたみ、ビン上部を押さえるようにして2,3度上下に振り液を染み込ませます。
3.モールへ塗り込みます。繰り返しの塗布で滑るような感覚が得られますので、このようになればコーティング完了です。
4.皮膜を硬化・安定させる為、塗布後12時間〜24時間程度は水に濡らしたり、強く擦るような事はしないで下さい。

『METAL COAT』 施工画像


☆キッチンペーパーを四つ折りにします。       ビン上部をペーパーで押さえ2〜3度上下に振り
                           染み込ませて、塗り込みます。


□施工例
「ジャガーX」リアドアです(ここまで腐食しているとかなり大変ですが…復元可能です)


「VW パサート」クォーター部


BMW(濃色モールでは、強い光源が当たる事により微細な磨きキズが見えることがあります)




メルセデス


VWパサート(ルーフレール)



その他、ステンレス製品…マフラーなども磨けます☆
ハイエース






FIAT500




社外マフラー




軽自動車純正マフラーエンド




スマート/ブラバス




メルセデスSL500




日産GT-R




マフラーエンドの焼け等の除去にも有効です。
是非お試し下さいませ。